リウマチの知っておきたい基礎知識

リウマチの知っておきたい基礎知識

みなさんもリウマチという病気ご存知ですよね。

 

リウマチの症状は、手が痛くなる、足が痛くなるなどたいてい痛みを伴います、そしてひどい場合は指が曲がってしまい生活に支障が出るケースも結構あります。

 

重症化すると足の骨が変形してしまい歩くことが困難になるようなケースもあります。

 

リウマチは膠原病の一種でお年寄りのかかる病気だと言うイメージがありますよね、しかしそんなことはないんです。

 

リウマチにも様々な種類がり若いうちに発症する若年性のリウマチもありますので、年齢が低いから安心だと言うことはできないんです。

 

高齢者に限った病気ではなくて30代や40代でも発症する人が意外と多いとされています。

 

もしリウマチの疑いがある方は早めに病院での受診をお勧めします。

 

リウマチは発症時にすぐ治療がスタートできればより効果的だと言われていますので早期発見早期治療がいいと思います。

 

リウマチはお年寄りがかかる病気だと誤解して若い方で手足に症状が出た場合でも自分がリウマチになるには早すぎると勝手に判断して治療が遅れる場合もあるようですから気をつけたいですよね。

 

膠原病の代表的なものとして関節に痛みが出てくる「関節リウマチ」というのがありますが指を始めとして体中の関節が痛くなる症状が出ると思いますが風邪をひいて熱が出たときに体が痛くなる症状とよく似ていることから自分では風邪で体が痛いと誤解してしまうことも多いようです。

 

このようなこともありますからリウマチに関する正しい知識を持っていることが大切ですよね。

 

当サイトではこういったリウマチについて知っておきたい基礎知識をご紹介していきたいと思っています。


ホーム RSS購読 サイトマップ